麻ペ漢.BLOG

麻酔科医による麻酔科医と麻酔科研修医のためのブログ

麻酔科医ですから、神経ブロックのプロになろう!

気管挿管、全身麻酔、、、。

AWSやMcGRATH™などのビデオ喉頭鏡により気管挿管が容易になった。

レミフェンタニル、デスフルラン、スガマデックスにより、下手な麻酔管理でもすぐ覚める。
術中の管理も行いやすい。

モニターの普及なども加え、誰でもすぐに全身麻酔管理が行えるようになった。

だから、外科医たちは看護師で麻酔管理をさせようと企てている。


麻酔科医の存在意義は何だろうか?

全身麻酔をかけれるだけではその存在意義は少ない。

プラスαが必要である。


そこで提案するのが区域麻酔、つまり神経ブロックだ。

エコーの進歩により、神経ブロックは急速に普及した。

エコー下に神経ブロックを行えば、ベテランも初心者も同レベルで行える、、、

果たしてそういえるか?

区域麻酔



エコー下の神経ブロックにおいても知識と経験が必要である。

神経ブロックに関する知識、手技を身に付けることは、麻酔科医として生き残るために欠かすことができない。

あなたは日本区域麻酔学会に入会しているだろうか。

ぜひ入会して、神経ブロックのプロになってほしい。

そして、日本区域麻酔学会主催の「日本区域麻酔検定試験(J-RACE) 」をぜひ受けよう。

第1回目の検定試験は4月21日(日)に行われる(申し込みは終了している)。

ぜひ、来年の第2回の検定試験を目指して、今日から鍛錬しよう。

ちなみに、日本区域麻酔学会から「日本区域麻酔検定試験(J-RACE) 」を受けるにあたり参考テキストが挙がっている。
https://www.regional-anesth.jp/jrace/pdf/exam6.pdf

・Textbook of Regional Anesthesia and Acute Pain Management
・Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional
Anesthesia
・問題形式で学ぶ区域麻酔と疼痛治療
・Bonica's Management of Pain


かなりのボリュームだ!

これでしっかり学習しよう。

(補)
超音波の基本原理をマスターするために、医学書ではないが次の書籍を推薦しておきます。
・超音波の基礎と装置


神経ブロックに関する書籍は、やっぱり定番のコレ
↓ ↓ ↓
周術期超音波ガイド下神経ブロック




「平成21年 Ⅰ 記述問題 大問題 (選択)1.2)神経ブロックによるがん性痛の治療について述べよ. 」解説中

日本ペインクリニック学会 平成21年度ペインクリニック専門医試験問題および解答例のアップを開始しました.→『麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義.BLOG

(i)【 Engkish Boot Camp(イングリッシュブートキャンプ)】

今回は、「平成21年 Ⅰ 記述問題 大問題 選択 1.2)神経ブロックによるがん性痛の治療について述べよ.」です。

(i)【JCB/AMEX】シークレットセオリー・フルオートEA

ペインクリニック,特にがん性痛に対する神経ブロックは,周術期の神経ブロックとはかなり異なります.侵襲度も高いものが多く,手技の何度も高いのが特徴です.


(i)



安全対策! Q.医療安全上正しいのはどれか? 【解答】

Q.医療安全上正しいのはどれか?

レミフェンタニルを溶解するときの手順

a. バイアルの名前を確認する→溶解する→バイアルからシールをはがしシリンジに貼る→濃度を記入する

b. バイアルの名前を確認する→バイアルからシールをはがしシリンジに貼る→溶解する→濃度を記入する

c. バイアルの名前を確認する→バイアルからシールをはがしシリンジに貼る→濃度を記入する→溶解する

d. a-cどれも正しい

e. a-cどれも正しくない



【解答】a



(i)あなたが麻酔管理をしている間に・・・・・

【あとは自由だ!】ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~

安全対策! Q.医療安全上正しいのはどれか?

Q.医療安全上正しいのはどれか?

レミフェンタニルを溶解するときの手順

a. バイアルの名前を確認する→溶解する→バイアルからシールをはがしシリンジに貼る→濃度を記入する

b. バイアルの名前を確認する→バイアルからシールをはがしシリンジに貼る→溶解する→濃度を記入する

c. バイアルの名前を確認する→バイアルからシールをはがしシリンジに貼る→濃度を記入する→溶解する

d. a-cどれも正しい

e. a-cどれも正しくない

(i)あなたが麻酔管理をしている間に・・・・・

【あとは自由だ!】ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~

【告知】日本ペインクリニック学会第53回大会 日本専門医機構認定麻酔科領域講習・専門医共通講習の受付開始されています

昨日(2019年4月4日)の正午から日本ペインクリニック学会第53回大会(熊本)における 日本専門医機構認定麻酔科領域講習・専門医共通講習の受付が開始されています。
日本ペインクリニック学会第53回大会(熊本)

ペインクリニック学会53

2019年7月18日(木)から20日(土)まで、

駒本県立劇場・熊本学園大学にて日本ペインクリニック学会第53回大会が開催されます。

日本ペインクリニック学会員で日本麻酔科学会員の方は、麻酔科領域講習・共通講習を申し込みいただけます。

(i)麻酔科医だって、FXで資産運用
Black AI・ストラテジー FX  - ブラストFX -
【あとは自由だ!】ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~
メテオチャート -デイトレードプレミアム-

日本麻酔科学会の学術集会と違い、日本ペインクリニック学会の大会は、日本専門医機構認定麻酔科領域講習・専門医共通講習の受講申し込みに余裕があります。

麻酔科領域講習は7月18日(木)の1日、共通講習は20日(土)の午前中に開催されます。
プログラム参照

今年は熊本県での開催で、18日の麻酔科領域講習を朝から受講するためには、水曜日から熊本入りしないといけないのが難点ですが、日々の麻酔業務から離れられるいい機会ですので、ぜひ参加してください。







ペインクリニック学会53②









(補)今後、ペインクリニック学会認定専門医は、基本領域(1階部分)麻酔科のサブスペシャリティ領域(2階部分)となると思います(なります)。

若手の麻酔科医の諸君!ぜひ日本ペインクリニック学会の会員となって、痛みのスペシャリストとなってください。熊本で待っています。

→「麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義.BLOG」やってます。

(参照)【基本領域】(1)内科(2)外科(3)小児科(4)産婦人科(5)精神科(6)皮膚科(7)眼科(8)耳鼻咽喉科(9)泌尿器科(10)整形外科(11)脳神経外科(12)形成外科(13)救急科(14)麻酔科(15)放射線科(16)リハビリテーション科(17)病理(18)臨床検査(19)総合診療—の19領域

「平成21年 Ⅰ 記述問題 大問題 (選択) 1.1)International Association for the Study of Pain (IASP) によるガイドラインに沿って神経障害性疼痛の薬物治療について述べよ.」解説中

日本ペインクリニック学会 平成21年度ペインクリニック専門医試験問題および解答例のアップを開始しました.→『麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義.BLOG

今回は、「平成21年 Ⅰ 記述問題 大問題 (選択) 1.1)International Association for the Study of Pain (IASP) によるガイドラインに沿って神経障害性疼痛の薬物治療について述べよ.」です。

IASPではなく、日々の診療に直結するように本邦のガイドラインに沿って解説しています。

アルゴリズム


参考図書:神経障害性疼痛薬物療法ガイドライン改訂第2版

平成20年度日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医試験問題および解答例をアップしました.

平成20年度日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医試験問題および模範解答例,と私の解説をアップしました.→『麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義.BLOG

⇒ 平成20年度日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医試験問題および模範解答例


Ⅰ 記述問題

大問題 (選択)

1-1)硬膜外膿瘍の症状,徴候,検査,治療 →リンクへ

1-2)神経ブロックにおける出血リスクを伴う疾患と薬剤 →リンクへ

小問題 (必須)

2-1)間欠跛行を呈する腰部脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の鑑別 →リンクへ

2-2)Placeboによる鎮痛 →リンクへ

2-3)オピオイドの身体依存と精神依存 →リンクへ

2-4)典型的三叉神経痛の診断基準(国際頭痛学会) →リンクへ

2-5)IASP(International Association for the Study of Pain)がreflex sympathetic dystrophyをcomplex regional pain syndrome(CRPS)に名称を変えた背景 →リンクへ

参考文献


Ⅱ 客観問題

必須多肢選択問題25題が出題された.問題および解答は公表されていない.
補)カプサイシン受容体のVR1など

今日から,『麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義.BLOG』はじめます.

今日から,『麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義.BLOG』はじめます.

麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義


⇒ リンク(麻ぺ漢のペインクリニック専門医合格集中講義.BLOG)

ただ只管,「ペインクリニック専門医試験問題」を解いていきます.

→ ペインクリニシャンを目指す若手医師のための「ペインクリニック専門医合格集中講義」をはじめます.

日本麻酔科学会の事前申し込み 17時から!!! 始まってます。

「日本麻酔科学会 第66回学術集会 学術集会参加基本案内および各種申し込み 」
本日(02/15)17時から開始されました。

» 専門医共通講習について → 一覧はこちらから
» 麻酔科領域講習(第18回リフレッシャーコース) → 一覧はこちらから
» 共催セミナーについて → 一覧はこちらから


66


     『マイページ』ログイン画面へ
         ↓  ↓  ↓
事前申し込み
 

宿泊先もお早めに!


補)もちろん、事前申し込みし終わってからこれ書いてます(笑)。

FX、はじめるにあたって

FXをはじめたい!

が、最初の一歩が踏み出せない。

いろいろな書籍や教材を参考にすればするほど、踏み出せない。

こんな教材サイトがあったので見てみた。

→「月50万円 マーケティングFX ノウハウもロジックも販売ページで公開 月50万円(JCB・AMEX用)」月50万円 マーケティングFX ノウハウもロジックも販売ページで公開 JCB・AMEX用

ノウハウもロジックもすべて公開してあるということだが、俺にはわからなかった。

ということでまたしてもFXには手を出さない。

こんな教材もあった。

「【JCB/AMEX版】ゲイスキャFX」【JCB/AMEX版】ゲイスキャFX

日々の麻酔業務にとらわれない、こういうセレブな生活にあこがれるが...。

俺たち麻酔科医には、暇はない。

が、1日数分の暇もないか?



全自動で...、という方法もあるようだ。

→「【あとは自由だ!】ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~」【あとは自由だ!】ドルスキャワールドFXオート~自動売買版~

なんと!

①ソフトを取り込む

②スイッチをオンにする

この2ステップのみ!!!

俺が思うに、FXは感情に左右されることが損をする原因の一番だと思う。

感情に左右されない自動売買は、忙しくてずっとパソコンやスマホを見ていることにできない俺たち麻酔科医には良い方法だと思う。

あとは本当にこのソフトで儲かるかだが...。


J-RACEの概要と対策

第1回日本区域麻酔検定試験(Japanese Regional Anesthesia Certificate Examination : J-RACE)が2019年4月21日(日)に高知市で実施される。
http://www.regional-anesth.jp/jrace2019/index.html

受験要綱

区域麻酔


なぜ高知市かというと

日本区域麻酔学会第6回学術集会が下記の日程で開催されるからである。

 会 長:
  横山 正尚先生 高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座
 日 程:
  2019年4月18日(木)~20日(土)
 会 場:
  高知市文化プラザかるぽーと

試験は筆記試験である。

マークシート方式で五つの選択肢のうちから適切なものを選ぶ形式である。

日本麻酔科学会専門医筆記試験と同様に、知識問題と臨床問題から構成される。

日本区域麻酔学会の教育ガイドラインに沿って問題が作成されている。
http://www.regional-anesth.jp/about/guideline.html

ポイント;

①解剖学と超音波解剖学が重要である。
②単に解剖だけでなく、描出する上でのコツやメルクマールが問われる。
③使用する薬剤の機序や区域麻酔に伴う生理学的変化、麻酔後の対応、危機管理も重要である。
④ペインクリニック領域の神経ブロックも対象である。
⑤各種のガイドライン;抗血栓療法中の適応と実施に関するガイドライン・日本ペインクリニック学会の神経ブロックに関するガイドライン・日本麻酔科学会の局所麻酔薬中毒に関するガイドライン など、区域麻酔と関係するものは必要な知識である。
⑥その他、機器や針などの特徴など。

参考テキストは日本区域麻酔学会のホームページに掲載されている。
https://www.regional-anesth.jp/jrace/pdf/exam4.pdf

 ・Textbook of Regional Anesthesia and Acute Pain Management
 ・Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia
 ・問題形式で学ぶ区域麻酔と疼痛治療
 ・Bonica's Management of Pain



J-RACEは日本区域麻酔学会の指導医における要件の一つである。

一方、J-RACEに受験資格はない(医師に限ってもいない)。

現在のところ日本区域麻酔学会の指導医になろうとする人以外、持っているメリットはない。

が、J-RACEに合格しないと日本麻酔科学会専門医試験を受けれないということにもなりかねない。日本ペインクリニック学会専門医試験の受験資格になるかも...。

あなたの来年度はどう?

さて、今年度もあとわずかだ。

来年度の勤務条件は満足行くものだろうか?



年が変わり、いよいよ来年度の医局の情勢もわかってきた。

あなたの来年度の勤務状況はどうだろうか?

医局では来年度の人事がおのおの打診されている頃だ。

今この時期こそ、あなたのキャリアアップのチャンスだ。

医局を離れること、今以上の病院があるのか、

不安は多いだろう。



人事発表、教授選の結果、・・・、

あなたの将来は大丈夫ですか?

医局から出る勇気、未来に進む勇気が今こそ必要だ。

さあ、一歩前へ!


若手麻酔科医の諸君、日々の麻酔楽しい?

日々の麻酔管理が、つまらない原因は何だろうか?

俺が思うに、漠然と何も考えないで只々、麻酔業務をしているからだ。

挿管、抜管。また次の症例に...。

流れ作業、オートメイションの一部となっているからだ。

面白いわけがないよな。

で、日々の麻酔業務を面白くするにはどうすればいいか?

考えて麻酔をすることである。

単純であるが、これに尽きる。

毎日毎日同じような手術、麻酔であっても、患者はもちろん一人ひとり違う。

人間は単純ではない。

あなたが考えて日々麻酔をしていれば、誰も気付かないような大発見をすることがあるかもしれない。

大発見でなくても、少しは麻酔科学の分野に貢献できるかもしれない。

そこまででなくても、推理小説などのほんを読んでいるよりも楽しいぞ。

グラフィック麻酔学 臨床が楽しくなる図・式・表

で、日々の考えるための一助として、一冊の本をおススメしよう。

私が医学部を受験した時、生物で受験する場合には吉田邦久先生の『図と表で見る生物』が定番の参考書だった。

これは生物分野における図や表を網羅していた(入試問題にはこれらの図や表が出題された)。

生物に限らず、理科系の教科は、図と表がとても大事である。

麻酔科学も同様だ。

『グラフィック麻酔学』は、「どこかで見たことがある。」、痒い所に手が届く図と表を掲載している。

日々の麻酔管理のときのこの書籍を手元に置き、常に参照して考える時の一助としよう。

新しい図や表を、あなたがみつけるかもしれない。












2018年度支部学術集会の事前予約が始まっています。

2018年度支部学術集会の共通ホームページが公開されています。

2018支部
事前予約期間
2018年7月25日(水) 15:00 ~ 2018年8月20日(月) 正午
※コンビニ決済での申込は8月8日(水)迄

各支部参加費:4,000円

専門医共通講習および麻酔科領域講習の事前申し込みも始まっています。
講習参加費:各1,000円

会員専用サイト『マイページ』よりお早めにお申し込みください。

マイページログイン



 

『慢性疼痛治療ガイドライン』が送付されてきました!

「日本ペインクリニック学会誌 第52回大会号、(プログラム集)」が送られてきました。
日本ペインクリニック学会第52回大会

そして、『慢性疼痛治療ガイドライン』も同封されていました。


IMG_5130

『慢性疼痛治療ガイドライン』は、7学会(日本ペインクリニック学会、日本運動器疼痛学会、日本口腔顔面痛学会、日本疼痛学会、日本ペインリハビリテーション学会、日本慢性疼痛学会、日本腰痛学会)合同によって作成されています。

学会中日(7月20日)には、特別講演とイブニングセミナーで『慢性疼痛治療ガイドライン』に関する講演があります。
また、最終日(7月21日)に、麻酔科領域講習で『慢性疼痛治療ガイドライン』からインターベンショナル治療を中心とした講演があります。

これは、ペインクリニック外来におけるバイブルとなるでしょう。
ペインクリニックの専門医を目指す方にとっては、日本ペインクリニック学会の各種ガイドライン(特に「専門医認定のための教育ガイドライン」)とともに必須のテキストです。

慢性疼痛治療ガイドライン
真興交易医書出版部
2018-04-05



(補)
日本ペインクリニック学会https://www.jspc.gr.jp/
日本運動器疼痛学会http://www.jamp.so/
日本口腔顔面痛学会http://jorofacialpain.sakura.ne.jp/
日本疼痛学会http://plaza.umin.ac.jp/~jaspain/
日本ペインリハビリテーション学会http://japr.hp4u.jp/
日本慢性疼痛学会http://mansei-toutsu.umin.jp/
日本腰痛学会http://www.jslsd.jp/

日本ペインリハビリテーション学会なんてあるんですね...。




3週間前です!【日本ペインクリニック学会 第52回大会】

「 日本ペインクリニック学会 第52回大会 」まで、3週間となりました。

2018年7月19日(木) から 21日(土)までです。

例年通り、19日(木)は 「 日本専門医機構認定麻酔科領域講習 」となっています。
プログラム(日程表)

21日(土)にも「 日本専門医機構認定麻酔科領域講習・専門医共通講習 」&「 ICD講習会 」があります。

20日(金)は...、少し息抜き・・・。


【 日本ペインクリニック学会 第52回大会 】

日本ペインクリニック学会 第52回大会




今流行りのSUM?!

毎年、日本麻酔科学会学術集会に合わせて、麻酔科関連書籍が発売される。
で、今年の書籍売り場では...。

若手麻酔科医の皆さんが手に取り買っていたのが、コレ↓。


これの素晴らしいのは、「まとめ力」である。
指針、分類、ガイドラインなどがまとまっている。
若手麻酔科医の皆さんは、まず通読して麻酔科医に必要な情報を俯瞰してください。
そして、いつも携帯し、日々の麻酔管理をしていてあやふやな点はすぐに確認しよう。
なかなかかゆいところに手が届きます。


(i)
【AIを搭載したFXロボ】かんなぎFX

(補)編著者の頭文字をとって「SUM」としてますが、どうしてこのような名にしようとしたんでしょ。三人の「和」を大切にしたのでしょうか。

SUM



なお、「~エビデンスと麻酔科医の本音に基づいた~ 術式対応“わがまま”術後鎮痛マニュアル」も売れてました。


(i)
超音波ガイド下末梢神経ブロックは,いまや周術期疼痛管理に必須の手技となりました.
麻酔科医として絶対に身につけなければいけない末梢神経ブロックに関する疑問について,
末梢神経ブロックを愛してやまないエキスパート達がわかりやすく回答します.

お腹の脂肪が気になりだしたので・・・

お腹の周りの脂肪が気になる今日この頃。
この小林製薬のTVCMが...。



すぐにAmazonで買いました!→Amazonで買う。
IMG_5111
これがその錠剤(一回5錠、1日3回)。

あれ?
これって・・・・・。

明らかに漢方?!
味もまさに漢方!


医者ともあろうものが、そして、漢方も齧っているのに、気付かなかったー。

中身は、『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』。
保険適応病名・病態:
腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症状;高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘

て、言うことは、『ナイシトールZ』でなくてもいいワケですね。
まあ、同僚や後輩に頼んで処方してもらうよりAmazonで買った方が気が楽だけど。
カルテに、高血圧とか肥満症とか便秘症とか病名が残っちゃうのも嫌ですよね...。






(補)ナイシトール
内臓脂肪とる → ないぞうしぼうとる → ナイゾウートル → ナイシトール
広告
Amazon
楽天トラベル 高級ホテル/旅館ランキング


  • ライブドアブログ