麻ペ漢.BLOG

麻酔科医による麻酔科医と麻酔科研修医のためのブログ

今流行りのSUM?!

毎年、日本麻酔科学会学術集会に合わせて、麻酔科関連書籍が発売される。
で、今年の書籍売り場では...。

若手麻酔科医の皆さんが手に取り買っていたのが、コレ↓。


これの素晴らしいのは、「まとめ力」である。
指針、分類、ガイドラインなどがまとまっている。
若手麻酔科医の皆さんは、まず通読して麻酔科医に必要な情報を俯瞰してください。
そして、いつも携帯し、日々の麻酔管理をしていてあやふやな点はすぐに確認しよう。
なかなかかゆいところに手が届きます。


(i)
【AIを搭載したFXロボ】かんなぎFX

(補)編著者の頭文字をとって「SUM」としてますが、どうしてこのような名にしようとしたんでしょ。三人の「和」を大切にしたのでしょうか。

SUM



なお、「~エビデンスと麻酔科医の本音に基づいた~ 術式対応“わがまま”術後鎮痛マニュアル」も売れてました。


(i)
超音波ガイド下末梢神経ブロックは,いまや周術期疼痛管理に必須の手技となりました.
麻酔科医として絶対に身につけなければいけない末梢神経ブロックに関する疑問について,
末梢神経ブロックを愛してやまないエキスパート達がわかりやすく回答します.

お腹の脂肪が気になりだしたので・・・

お腹の周りの脂肪が気になる今日この頃。
この小林製薬のTVCMが...。



すぐにAmazonで買いました!→Amazonで買う。
IMG_5111
これがその錠剤(一回5錠、1日3回)。

あれ?
これって・・・・・。

明らかに漢方?!
味もまさに漢方!


医者ともあろうものが、そして、漢方も齧っているのに、気付かなかったー。

中身は、『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』。
保険適応病名・病態:
腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症状;高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘

て、言うことは、『ナイシトールZ』でなくてもいいワケですね。
まあ、同僚や後輩に頼んで処方してもらうよりAmazonで買った方が気が楽だけど。
カルテに、高血圧とか肥満症とか便秘症とか病名が残っちゃうのも嫌ですよね...。






(補)ナイシトール
内臓脂肪とる → ないぞうしぼうとる → ナイゾウートル → ナイシトール

麻酔科後期研修の諸君!この時期ちょっと注意ですよ。

日本麻酔科学会第65回学術集会も終わり、麻酔科研修1年目の諸君、麻酔管理に慣れてくるころだ。
この時期、辞める人が実は多い。
日麻のあと、来なくなるケースを何度かみてきている。
つまり、五月病だ。
俺はそんなことない、っていう人は、この時期気を付けることがある。
「気のゆるみ」だ。
ミスをするときは、少し慣れてきた時だ。
薬剤の誤投与、硬膜外カテーテルのくも膜下挿入、歯牙損傷、などなど。
とくに薬剤の誤投与には注意しよう。
麻酔科で使用するものはどれも少量で効果があらわれる。
ちょっとのミスが、大きな事故となる。


薬剤誤投与防止対策

薬剤の誤投与を減らすために、上記の写真のようにラベルシールを張ろう。
メモリに少しかかるぐらいにするのがコツだ。
なぜなら、薬液を注入するときは必ずメモリをみる。
そのときにラベルが目に入るようにすれば、薬剤を間違える確率が減る。
また、希釈した場合には、濃度をしっかり書くこと!
これをしない先輩麻酔科医は多いが、君たちはそんな麻酔科医にはならないようにしようね。



ここで、問題です。
下記の写真に麻酔科医として失格な点があります。
それは何でしょうか?
フェンタニル②

(i)1秒スキャルFX




アイツより早く、一人前の麻酔科医になる!!


(i)株は技術だ、一生モノ!




正解;
フェンタニル③
 使用したアンプルはさかさまにして、次のアンプルを取るときなどにけがをしないようにする。
ちょっとした気遣いだけど、自分や同僚を守ります。

【日本麻酔科学会第65回学術集会】 明日からです!

おはようございます!

日本麻酔科学会第65回学術集会、明日となりました。


第65回大会

間違いのないように、タイムテーブルをチェックしましょう。

まだホテルを決めていない方は、すぐ予約を!⇒ 楽天トラベル
新橋、浜松町、品川周辺からでも何とかなります。
ですが、朝の講習を受けるにはかなり早起きが必要です。

夜の宴会場所も考えましょう!
横浜といえば、中華街、中華ですが...、中華をあえて外してみたらどうでしょうか?!
※何かあっても責任はとれませんけど…

例えば…、「鴨焼きしゃぶ×燻製 Onder」とか。←僕は一度も行ったことはありませんwww
食べログでネット予約する


また、

朝と夕方は講習があります。
夜は宴会もありますよね。
で、結構昼間はヒマになります。
ランチを狙うというのもアリです。

【日本麻酔科学会第65回学術集会】一週間後ですよ!

おはようございます!

日本麻酔科学会第65回学術集会が一週間後となりました。


第65回大会

間違いのないように、タイムテーブルをチェックしましょう。

まだホテルを決めていない方は、すぐ予約を!⇒ 楽天トラベル


(i) Kindle本ランキング


日本ペインクリニック学会第52回大会;日本専門医機構認定麻酔科領域講習・専門医共通講習申込について

お知らせ!

本日(4/27) 13:00より、日本ペインクリニック学会第52回大会での「日本専門医機構認定麻酔科領域講習・専門医共通講習申込」が開始されました。

学会に参加される方はお早めに、お申し込みください。

日本ペインクリニック学会第52回大会;参加者へのご案内

ぺいん



尚、日本ペインクリニック学会第52回大会においてICD講習会を開催されます。
この講習は、専門医共通講習の<感染>となります。
注意することは、この時間に日本専門医機構認定麻酔科領域講習が被っています。


ICD




宿泊もお早めに!

メタの診療科に、ようこそ!

今日は、前回とは違い真面目にw、麻酔後期研修医、つまり新人麻酔科医向けの本を紹介します。
将来的には、心臓麻酔を中心にやりたい、周産期麻酔・小児麻酔のプロになる、いや俺は集中治療の方に進む、ペインクリニックで開業するんだ、とか野望があるでしょう。
しかし、まずは標榜医、認定医、そして専門医になるまでは、オールジャンルをしっかりと学びましょう。
麻酔科医は、総合診療医です。
対象患者は、胎児から聴高齢者、はたまたお亡くなりになられた方(臓器移植ドナー)まで麻酔管理します。
臓器も、脳、呼吸(気道、肺)、循環(心臓、血管)はもちろん、内分泌、腎臓、肝臓、腸、、、もう全身のあらゆるものが対象です。
こんなにバラエティーにとんだ面白い科は他にはありません。
手技も結構あります。
気管挿管はもちろん、エコー、神経ブロック、カテーテル留置、、、。
麻酔科医たるもの

さあ、「超人的な医者 = 麻酔科医」になれ!

【オススメ本】
マニュアル本は今回は除いています。
・Miller's Anesthesia E-Book 

Kindle版

Miller's Anesthesia E-Book
電子書籍なのでタブレットPCに入れて持ち運べば、当分の間、読み物に困ることはありません。
優れた麻酔科医になるための基本は、日々の麻酔管理だ。疑問をこの本と英文雑誌で解決しよう。くれぐれも指導医に聞くというアンチョコなことはしないこと。あなたが思っているほど先輩たちの知識、技術はあなたとそれほど違いません。www

・Peripheral Nerve Blocks: Principles and Practice (New York School of Regional Anesthesia)

Kindle版

Peripheral Nerve Blocks: Principles and Practice (New York School of Regional Anesthesia)
今や神経ブロックは気管挿管以上に麻酔科医にとっての麻酔科医たるべき手技だ。

・麻酔科学レビュー2018 麻酔科学レビュー
毎年でます。最新(そこまで新しくないが)の知識をチェックできます。まあ、毎年どうしても買わないと気持ち悪い本です。

・その他
-若い医師のための麻酔科学若い医師のための麻酔科学
ー麻酔の偉人たち―麻酔科学史に刻まれた人々麻酔の偉人たち―麻酔科学史に刻まれた人々
ー麻酔への知的アプローチ麻酔への知的アプローチ
ー麻酔科学のルーツ麻酔科学のルーツ
これらはたぶん、今の時期にしか読まない本だと思います。ぜひ、麻酔科医として一歩踏み出したこの時期に読んでください。



(i)毎日先輩にコキツカワレテFXできない(><) お金の管理もはやいうちから。
⇒そんな人に、自動でFX!? 【AIを搭載したFXロボ】かんなぎFX

新人麻酔科医のためのお役立ちグッツ


新人たるもの、座ってはいけない。
立ってモニターと術野をしっかり見よう。
イイか!術野を見ない麻酔科医は麻酔科医ではない。
座ってモニターを見ているだけでは、術者とのコミュニケーションが取れない。
ちゃんと術野を見ていれば、「下手!」「早く終われ!」なんて術者に言えるようになるよw。
弾性ストッキング

でも、何時間も立っていれば足もむくみ、だるくなります。
その対策として、『俺の 着圧 極み』をおススメしよう。
いわゆる弾性ストッキングだ。
これでもう何時間も立っていられる!?
もちろん、抗菌消臭+。


緊急手術が麻酔科医を育てる!
いつ何時、緊急手術が入るかわからない。
どれだけ同僚より多くの緊急手術の麻酔を勝ち取れるか。
そう、麻酔はサバイバルだ!

さあ、手術室で寝て待て!!!
そんな時、寝袋があるといいよ。
あ、枕も忘れずにネ。

麻酔は飛行機によくたとえられる。
挿管は離陸。
抜管は着陸。
維持は...、オートマチック(持続筋弛緩投与、レミフェンタニル、、、)
結構、ヒマ、、、いや、時間がある。
そんな時はタブレットPCで読書だ。

電子書籍は紙の本並に品数がそろっている。
もちろん、麻酔科関係の本もたくさんある。
何冊も手術室に持っていくのは大変。
タブレットならたった一つ。
そこにたくさんの電子書籍を入れることができる。
お気に入りのグラビア写真集だって入れられるぞ。
でも、くれぐれも看護師さんには注意しようね(当方は一切責任を負えません)。
《おススメ電子書籍.》


バックも必需品だよね。



(補)麻酔科医は人手不足だ。
すぐにトイレ休憩に来てくれないかもしれない。
そんな非常事態には、コレ↓www

男性ならペットボトルっていうてもあるが...

(i)毎日麻酔で、FXできない(><)
⇒そんな人に、自動でFX!? 【AIを搭載したFXロボ】かんなぎFX

神対応はあるのか

おじいちゃん:「先生、おはようございます。」←すごい元気だ。なぜ病院にいるんだ?

私:「・・・おはようございます...」
IMG_5031

連日の送別会のため、病院売店でウコンの力と水を買って廊下を歩いている時、外来受診らしき高齢の男性(おじいちゃん)にあいさつされた。

(i)


はて?このおじいちゃんは誰か。

おじいちゃんが誰にでも元気にあいさつをする人なのか?

それとも、麻酔をかけた人なのか?

(i)


大学病院などの大きなところでは、患者と麻酔科医の接点はかなり小さい。

だが、当院では術前に30分以上はかける。

そして、脊髄くも膜下麻酔や神経ブロックだけでも、ちゃんと患者の頭のところにいる。←えらいだろう。単にヒマなだけとも言えるw。




患者と会話もしながらスムーズな手術に貢献している。

だから顔を覚えられる。

こっちは覚えていない。

俺は昔から患者の顔を覚えない。

どんなにきれいな人でもだ。←覚えなくても印象に焼き付くかもしれないが...。

(i)【AIを搭載したFXロボ】かんなぎFX

さて、こんな時はどうあいさつすればいいのか。

「調子どうですか?」

なんて言った時には、長話になるかもしれない。

皆さんはどうしてますか?

神対応はあるのかな?

(i)






ちょっとマッた! その穿刺部位違います。

レミフェンタニルやデスフルラン、ロクロニウム、スガマデクスなどのおかげで、全身麻酔管理は臨床研修医も麻酔科のベテラン医と同様にできる時代になった。
神経ブロックもエコー下に施行でき、熟練のワザは必要なくなった。
ベテランより若手の方がエコーの扱いが上手だったりする。
もうベテランができるベテランらしい手技はないのか?
一つだけある。

硬膜外麻酔の穿刺部位
麻酔実践ハンドブック改訂第4版 p144 (表5 硬膜外麻酔の穿刺部位と初回投与量)より



それは硬膜外麻酔だ。
硬膜外カテーテルの留置にはコツがいる。
百戦錬磨のつわものでなければうまくできない。

硬膜外麻酔の難しいところは、硬膜外カテーテルを留置しさえすればいいというわけではないことだ。
正しい部位に硬膜外カテーテルを留置しないといけない。
私が若い麻酔科医の手技をみていて思うことは(言いたいことは山ほどあるが)、そもそも穿刺部位が違っているということだ。
手術する部位によって穿刺する部位は異なるのだが、どうも2,3椎間以上ずれている。
2,3椎間ずれていると投与量を多くしないと鎮痛できない。
局麻の量が多くなれば血圧低下などの合併症が増える。
穿刺前にきちんと手術部位と穿刺レベルを確認してもらいたい。
とくに硬膜外鎮痛をしているのに術後に他のNSAIDsなどの鎮痛薬を必要とする患者が多い人は、もう一度確認しよう。




 

シマッタ!出遅れた。

昨日、2月15日から「日本麻酔科学会 第65回学術集会」の事前登録が開始されてる!!
日本麻酔科学会 第65回学術集会

第65回


現時点(16日11時)でもう専門医共通講習は定員に達してしまっている。

麻酔科領域講習も結構定員になってるぞ。

まあ、e-learningがあるからいいさ(涙)。

第30回日本老年麻酔学会、もうすぐ!

2月10日(土)、11日(日)に第30回日本老年麻酔学会がありますよ。

プログラム・抄録集がみんなのところ(学会員)に届いたと思う。


今学会の開催地は、香川県の琴平だ。


学会を理由に旅行気分を味わえるぞ。

あ、でも専門医共通講習(倫理・安全・感染)もちゃんとあるから受講しよう。

香川大学職員とともに受けるものだ。

受講すると、学部長ないし病院長の公印付きの受講証明書がもらえるぞ(後日郵送)。

宿泊は温泉宿だよな。




遅くなりましたが、合格おめでとう!

もう一週間経っちゃったけど、日本ペインクリニック学会の専門医試験を受けられた方、

先週の木曜日くらいには日本ペインクリニック学会から合格通知(&お金を振り込め←こっちがメイン?!)が届いたことと思う。

おめでとう!

(i) 仕事が忙しい?! それならFXAIにまかせろ!!

今年の試験では、

「医療用麻薬を使用中の患者の国外への渡航の際の手続き」について

記述する問題が出された。


これ、ペインクリニシャンとしては絶対に知っていないといけない知識だ。

患者が外国で麻薬で捕まったら大変だよね。


これに関しては、日本ペインクリニック学会非がん性慢性[疼]痛に対するオピオイド鎮痛薬処方ガイドライン作成ワーキンググループ・編の『非がん性慢性[疼]痛に対するオピオイド鎮痛薬処方ガイドライン』にきちんと書かれている。


日本ペインクリニック学会では、ガイドラインがきちんと作成され整備されている。

今後の専門医試験でも、各種のガイドラインに沿った問題が出されるだろう。

専門医試験を受ける人も受けない人も、ペインクリニックをするならガイドラインは必ず読むように。

ガイドラインは、日本ペインクリニック学会のホームページからみることができる。
日本ペインクリニック学会 治療指針・ガイドライン

また、冊子が欲しい人は、Amazonで売っている。
Amazonで冊子を買う

活力が、、、みなぎらない

最近、どうも活力がみなぎらない。

【活力】活動を生み出す力、エネルギー。生気 ・ 精 ・ ヴァイタリティ ・ 精力 ・ 気力 。

活力は何をするのにも大切な力だ。

特に男にとっては、活力がみなぎらないのはオトコとしてのプライド問題に発展する。

そこで、普通なら男性用サプリメントを試すところだが、私は医師である。

そして、少し漢方薬もかじっている。

まさか同僚にあの西洋薬を処方してもらうわけにはいかないだろう。

性機能障害なんてカルテに残したくない。

漢方なら、そんな病名を付けなくていいのだ。



では、漢方薬は何を処方してもらうか。

どんな病名にするか。

腰痛持ちで、手足が冷え、下肢がむくみ時に痛む。

胃腸は丈夫で、食欲はある。

とくると、一番に浮かぶのが「牛車腎気丸」だ。

応用に陰痿(痿弱するもの)がある。
参;『臨床医のための漢方薬概論』のp180(『活用自在の処方解説』のp218)

臨床医のための漢方薬概論
稲木 一元
南山堂
2014-01-15



効能に下肢痛・腰痛がある。
参;『ツムラ医療用漢方製剤 製品ラインナップ』のp240

これなら後輩の女医に処方してもらうことができる。

なお、「牛車腎気丸」から牛膝と車前子を除いた「八味地黄丸」もアリだろう。


若い麻酔科医で陰痿に悩んでて、抑うつ気分や不眠、いらだちなどがある(精神的なことが原因)場合には、「柴胡加竜骨牡蛎湯」や「桂枝加竜骨牡蛎湯」を試す価値あり。




(i)日本製の活力サプリメント「GHプレミアム」


新年あけましておめでとう!

今日から仕事ですね。
今日と明日そして、土日、そして祝日の月曜日も休みという人いますか?
手を挙げてください。
もしかしたら、年末年始も急患で働き詰めっていう麻酔科医の方いますか?
お疲れ様です。
私は、今日から仕事です。
年末年始は一度だけ急患で呼ばれましたが、静かな年末年始でした。
今日は手術がないのでもう終了です。
帰りますw。
明日は外科が無謀にも肝切を入れてきました。
新年一発目から大技を持ってきました。
ヤルな外科!
まあ、軽くかわします(長丁場だ~)。
2018


(i)なぜ、ヒツジが空を翔べたのか? (決断力のないあなたへ) 新書

最近、転職を考えているんだよね。
今の職場は時間の束縛はないし、上はいないから自由気ままなんだけど、、、
なんか長くいすぎた感があるんだ。
といっても、行く当てないんだけど。
今以上の条件なんてないだろうな。
ということで、考えてみたもののダメだなこりゃ。
現状を変える勇気がないんだ。
結局、スパッと決断できる人が生き延びていくんだ。
今年もまた変わらない安定の一年を目指します。

(i)医師転職のエムスリーキャリア

あ、ちょっと前までペインクリニックでの開業を考えてた。
“開業"プロフェッショナル ~クリニック開業・これだけは絶対に知っておきたい話 』なんて本も読んでみた。
辞めた。
やっぱり開業って大変そうなんだよね。
こういう決断は早いんだよな~。

(i)忙しい麻酔科医でも大丈夫!FXはAIに完全お任せで。


若手麻酔科医の諸君へ!

若手麻酔科医が将来進む道として、昔は、救急、集中治療、ペインクリニックの3分野のどれかであった。

もちろん、麻酔科医としてさらに研鑽する道もある。

だが今は、専門医制度の影響もあり麻酔科医が救急に進むことは難しい。

救急科専門医は麻酔科専門医と同じ基本領域に入るからだ。

Subspecialty領域の専門医として考えられるのは、集中治療である。

また、今後ペインクリニック専門医もSubspecialty領域として認定されるであろうから、選択肢に入る。

ペインクリニックをやる人は、日本東洋医学会に入っていることもあるから、漢方専門医もアリだろう。

= = = = =

基本領域専門医
・麻酔科専門医
・救急科専門医

Subspecialty領域専門医
・集中治療専門医

今後認定を検討する専門医
・ペインクリニック専門医
・漢方専門医

将来性を考えると、ペインクリニック専門医となるのが一番じゃないかと思う。

麻酔も集中治療も、年々歳を重ねるとツラいのである。

それにペインクリニックなら開業も夢ではない。

ということで、まずは日本ペインクリニック学会に入会しよう。
病院に来る人のほとんどが、何らかのペイン、痛みを持っているのだ。

その専門医になるという意義は大きい。

※ペインクリニック治療指針 改訂第5版 日本ペインクリニック学会治療指針検討委員会・編
ペインクリニック治療指針
真興交易医書出版部
2016-06





超音波ガイド下神経ブロック、成功のために

今や「神経ブロック」は、麻酔科医、ペインクリニシャンに必須のツールである。

しかし、かつてのランドマーク法とまではいかないけれども、超音波ガイド下神経ブロックの施行には慣れが必要である。

そして、コツも。

超音波ガイド下神経ブロックの講習会の時にはきれいに超音波画像が出せるのに、いざ実際に臨床の場で行うときれいな画像が出せないってことを経験する。

なぜか?

(i)忙しいあなたもFX! FXはAI にすべてまかせろ!!

原因は、解剖を理解していないからである。

解剖を理解していないから、画像に移っているけどわからない。

もしくは、違う場所を見ている。

解剖がわかっていれば、今どこを見ているかがわかる。

それによりプローブの場所を微調整でき、見たい画像を出すことができる。


さあ、神経ブロックをヤル前に、もう一度解剖を確認だ!

超音波ガイド下の神経ブロックを行う上で、解剖は重要なのだ。

ロケーションがわからない状態で、神経ブロックを行うのは、ランドマーク法よりもさらに確実性が悪い。

解剖を確認するための良い本を紹介しよう。

『イラストでマスター! 超音波ガイド下神経ブロックのための局所解剖』
イラストでマスター! 超音波ガイド下神経ブロックのための局所解剖

この本、各神経について、局所解剖(イラスト)、プローブの置き方、超音波画像、画像の図解の4つからなっている。

それぞれ必要最小限なところが素晴らしいい。

見てパッとわかるので、時間のない時でもすぐに確認できる。



ペインクリニック外来では、ハイブリッドを目指せ!

西洋で発達した自然科学には大きな欠陥がある。

自然は曲線でできているが、人間は直線をつくる。

世の中の現象を、微分的にみてしまうのである。

医学においても例外ではない。

漢方をかじるための本


心身、精神と肉体の両方が健全でなければならない。

「病は気から」とはよく言ったものである。

カラダの不調がココロを病み、逆にココロの不調がカラダをむしばむ。

胃潰瘍はその典型だろう。

昨今のアレルギーは社会的なストレスも原因である。

(i)FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

患者さんがどんなに苦痛を訴えても、検査所見に異常がなければ西洋医学的にはどうにもならない。

そこで東洋医学的な思考の出番である。

もちろんどちらが優れているということではない。

ハイブリットを目指そうということだ。

もちろん基本は西洋医学である。

だが、西洋医学がクルマの部品をチェックすることであるなら、東洋医学はクルマとそれにかかわるヒトをトータルにみるということだ。

「ブレーキが調子が悪い」というなら運転手のブレーキのかけ方もみるということである。

「エンジンが調子悪い」というならアクセルの踏み方、吹かし方もみる。

運転の仕方が悪ければ、部品を換えたところでですぐにダメになるということだ。

(i)【AIを搭載したFXロボ】かんなぎFX全自動!!

とくにペインクリニック外来においては、西洋医学的に異常がないケースが多い。

そして何より西洋医学的治療では限界がある。

東洋医学、とくに漢方診療ができれば、日々の診療に幅ができる。

※漢方療法をかじるための本


  • ライブドアブログ